BUONA TOURS 遥か憧れのイタリアへ。

アリタリア-イタリア航空

アリタリア-イタリア航空
航空会社データ
正式名称 アリタリア-イタリア航空
Alitalia – Società Aerea Italiana S.p.A.
2レターコード AZ
拠点空港 ローマ・フィウミチーノ空港
Aeroporto di Roma Fiumicino(FCO/LIRF)
加盟アライアンス スカイチーム
SkyTeam
設立 1947年
会員サービス(FFP) MilleMiglia(ミッレミリア)

1960年代から日本とイタリアを結ぶアリタリア航空。東京/成田空港からとローマへ毎日1便(週7便)、ミラノへ週5便のイタリア直行便を運航しています。ローマでは主なイタリア国内の各空港に同日乗り継ぎが可能なのがうれしいところ。

現在(2019年1月)、成田〜ローマ便はボーイング777-200ER、成田〜ミラノ便はエアバスA330-200での運航で、機材に関わらず全便が3クラス(ビジネスクラス・プレミアムエコノミー・エコノミークラス)の設定となっています。

日本発着便には各クラス最低1名の日本人スタッフが乗務しているので、言葉の面でも安心です。

近年は日本でも報道されたように経営危機をはじめ、大阪/関空〜ローマ便、東京/成田〜ヴェネツィア便の運休、東京/成田〜ミラノ/マルペンサ便の減便などあまり良いニュースがなかったアリタリア航空ですが、現在はイタリア政府の管理下にある事実上の国営航空会社に戻り、通常どおりの運航を続けています。

2018年10月からはANA(全日空)と包括提携を開始し、日本便・イタリア国内便でコードシェア便の運航、ANAマイレージクラブへのマイル加算、ANAダイヤモンド・プラチナ・スーパーフライヤーズ会員はスターアライアンス加盟各社利用時とほぼ同等の特典・サービスが受けられるようになるなど、日本のユーザーにとっては良いニュースも入ってきています。

イタリア国内での就航空港

日本発着空港 途中経由地 都市 空港
東京/成田
NRT
イタリア
ローマ
FCO
ミラノ リナーテ空港
ミラノ マルペンサ空港
フィレンツェ ペレトラ空港
ナポリ カポディキーノ空港
ヴェネツィア マルコポーロ(テッセラ)空港
バーリ パレーゼ空港
ベルガモ オリオ・アル・セリオ空港
2019年7月〜
ボローニャ グリエルモ・マルコーニ空港
ブリンディシ サレント(パポラ・カザーレ)空港
カリアリ エルマス空港
カターニャ フォンタナロッサ空港
ジェノヴァ クリストフォロ・コロンボ空港
ラメツィア・テルメ サンテウフェミア空港
パレルモ プンタ・ライジ空港
ピサ ガリレオ・ガリレイ空港
レッジョ・ディ・カラブリア ティト・ミンニーニ空港
トラパニ ヴィンチェンツォ・フローリオ空港
トリエステ フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア空港
トリノ カゼッレ空港
ヴェローナ ヴィッラフランカ空港
東京/成田
NRT
イタリア
ミラノ
MXP
ローマ フィウミチーノ空港
  • ※共同運航便含む
  • ※日本便と短時間で乗継ができるとは限らず、タイミングによっては乗継ができない場合もあります。

機内サービス

マニフィカ・クラス(ビジネスクラス)

マニフィカ・クラス(ビジネスクラス)

ボーイング777-200:30席|エアバスA330-200:28席

全面的に改修が行われ、快適度が大幅に向上したアリタリア航空のビジネスクラスが「マニフィカ・ビジネスクラス」です。近年多くの航空会社で導入されているスタッガードスタイルを取り入れ、プライベート空間を確保できる独立性の高いシート配列となっています。電動フルフラットシートにはマッサージ機能も搭載されていています。

アメニティキットはブルガリ、毛布・枕はフレッテとイタリアらしいこだわりも嬉しいところ。リチャード・ジノリの食器で運ばれるイタリア料理フルコースの機内食、豊富なイタリアワインの数々ももちろんお楽しみいただけます。

シート配列:1-2-1(スタッガードスタイル)
主な仕様・サービス: 電動フルフラットシート、15.4インチタッチパネルディスプレイ、衛星電話付きコントローラー、ノイズキャンセリングヘッドフォン、PC用電源・コンセント(ユニバーサルタイプ)、USB-Aポート、LED読書灯、有料Wi-Fi(装備済み機材のみ・50MBまで無料で利用可能)

プレミアムエコノミークラス

アリタリア航空プレミアムエコノミー

ボーイング777-200:24席|エアバスA330-200:21席

ビジネスクラスとエコノミークラスの中間クラスとして新たに登場したのが、プレミアムエコノミークラスの「クラシカ・プラス」です。従来のエコノミークラスのシートに比べてシートピッチ・シート幅共に20%ずつ広い設計となっています。専用カウンターでの優先チェックイン、無料受託手荷物は2個(1個あたり23キロまで)とエコノミークラス利用とは一線を画すサービスが魅力。

シート配列:2-4-2
主な仕様・サービス: 10.6インチディスプレイ、衛星電話付きコントローラー、ノイズリダクション機能付きヘッドフォン、PC用電源・コンセント(ユニバーサルタイプ)、USB-Aポート、LED読書灯、有料Wi-Fi(装備済み機材のみ・10MBまで無料で利用可能)

エコノミークラス

アリタリア航空エコノミークラス

ボーイング777-200:239席|エアバスA330-200:175席

機材改修に伴いエコノミークラスにも新シートが導入され、居住性が向上しています。全ての座席に装備された9インチのディスプレイでは日本語を含む多言語で映画やゲーム、音楽、フライトマップをお楽しみいただけます。

日本〜イタリア間では2回食事が提供されます。また、お好きなときにイタリアの名門ラヴァッツァ(Lavazza)が開発したコーヒー(機内用インスタント)を注文可能。

シート配列:3-4-3(ボーイング777-200)・2-4-2(エアバスA330-200)
主な仕様・サービス: 9インチディスプレイ、衛星電話付きコントローラー、PC用電源・コンセント(ユニバーサルタイプ)、USB-Aポート、有料Wi-Fi(装備済み機材のみ)

クラス別サービス比較

エコノミークラス Economy プレミアムエコノミー Premium Economy マニフィカクラス MAGNIFICA
機内Wi-Fi ※1 有料 10MBまで無料 50MBまで無料
受託手荷物・無料許容範囲(日本発着)※2 三辺の和が158cmまで・1個あたり23キロ x2 三辺の和が158cmまで・1個あたり23キロ x2 三辺の和が158cmまで・1個あたり32キロ x3
機内持ち込み手荷物・許容範囲 ※3 1個あたり8キロx1+身の回り品・PCバッグなど 最大寸法 55 x 35 x 25 cm 1個あたり8キロx1+身の回り品・PCバッグなど 最大寸法 55 x 40 x 23 cm 1個あたり8キロx1+身の回り品・PCバッグなど 最大寸法 55 x 40 x 23 cm
ラウンジ利用 ※4
  • ※1:装備済み機材でのみ利用可能(装備済みでも使用不可の場合あり)
  • ※2:受託手荷物の重量やサイズが規定を超えている場合は超過手荷物として有料で輸送されます。受託手荷物の個数が無料受託手荷物許容量を超えている場合は、各超過受荷物に対して料金が請求されます。32kgを超える荷物はお預けになれません。
  • ※3:2歳未満の小さいお子様は折りたたみ式のベビーカーをお持ちいただけます。
  • ※4:成田空港ではデルタスカイクラブラウンジが利用可能です。ローマ/フィウミチーノ、ミラノ/マルペンサ、ミラノ/リナーテ、ヴェネツィア、カターニャでは利用クラスもしくはFFP会員ステータス、スカイチームメンバーステータスに応じて「カーザ・アリタリア Casa Alitalia」が利用可能です。また、2018年10月28日以降はANAダイヤモンド、プラチナの各メンバー、及びスーパーフライヤーズカード保持者でアリタリア航空運航便を利用される際に成田空港のデルタスカイクラブラウンジ及びイタリア国内空港の「カーザ・アリタリア Casa Alitalia」が利用可能です。

機材ギャラリー

アリタリア航空 ボーイング777-200ER

成田〜ローマ線で運用されるボーイング777-200ER(現行塗装)

creative commonsAlessandro Ambrosetti

アリタリア航空 エアバスA330-200

成田〜ミラノ/マルペンサ線で運用されるエアバスA330-200(現行塗装)

creative commonsAnna Zvereva

アリタリア航空 エアバスA320-200

イタリア国内線と欧州路線の主力機、エアバスA320-200(旧塗装)

creative commonsStefano Benedetto